こんなに便利だなんて!会計ソフトで勤怠管理

勤怠管理機能があれば社員の給与を自動計算することも可能

会計ソフトの中には、勤怠管理機能が付いているものもあります。また、他の勤怠管理ソフトと連携が取れるものもあります。こうした製品を使うと、人事や経理部門の労力が圧倒的に低くなります。楽になった分人件費も削減しやすくなりますし、会社にとってはいいことしかありません。勤怠管理ができるものであれば、出社と帰社のデータも入っていますし、誰が何時間働いたのかもデータとして入っています。それらを元に、特定の基準を与えておけば自動的に給与計算ができてしまうわけです。残業が何時間あって、その分がいくらになるのかなど詳しく計算をして、最終的な給与がいくらなのか明示してくれるのは大変に便利です。人為的なミスが入り込まないのも魅力の一つでしょう。

圧倒的にコストを圧縮できる点が魅力

市販されている会計ソフトの多くは、人一人を雇う金額以下の値段で売られています。しかも一回購入をしてしまえばしばらくは使えますから、コストパフォーマンスは良好です。圧倒的にコストを下げることができる点が素晴らしいですね。タイムレコーダーは別途購入しなければなりませんが、組み合わせて使うとオフィスにほとんど人がいらなくなってしまうこともあるでしょう。ちなみに、後からデータを一覧で見れば、会社経営のどこに無駄があるのかまで理解できるようになります。ログを見れば社員の動きが視覚化されるので、改善点も見つけやすくなるわけですね。経営を効率化するだけではなくて、さらに改善のヒントが得られるのも、勤怠管理機能の付いた会計ソフトの魅力でしょう。

勤怠管理は出勤時刻・退社時刻を記録して管理するものです。従来のタイムカード管理に加えて、最近ではPCの電源ON/OFF時間を会社が管理するケースが増えています。